【10の秘密・第6話感想】由貴子は瞳を睨み「大嫌い!うんざり」

2020年冬ドラマ

2020年2月18日(火)「10の秘密」第6話のあらすじ・ネタバレになります。

第5話では、菜七子役の仲里依紗が、地味な保育士から、六本木の街に君臨する派手な化粧と服装で歩いてました。第6話ではなぜ六本木にいたのか、わかると思うのです!と思ったのですが、6話ではまったく派手な菜七子はでてきませんでした。残念・・・。

さて今回の6話ですが、印象に残ったのは2つです。

一つ目は由貴子が娘・瞳に、自分が瞳を誘拐したことを認め、「母親になれない女もいるのよ」って伝える。このときの瞳はかわいそうでしたよ。大好きな母親に用無し扱いされてしまったのです。

2つ目は圭太が由貴子からうばった3億円がなくなる!ところでドラマが終わります。

なんとなく、犯人は、奈七子でしょうね。。。と思います。3億の隠し場所に菜七子と一緒に行ってますし、菜七子はお金に困っているはずなんです!(まだ何も明らかになってません)

第6話まで終わり、分かったことを纏めました。

なんとなくドラマが把握できるかと思います。

 

白河 圭太 向井 理 10年前友人の別荘近くで火事がありその場を去った。新聞で1人の女性が亡くなっていたことを知る。その子供が翼だった。由貴子の3億円を奪う。
仙台 由貴子

仲間由紀恵

多額の借金を抱えて逃げている。二本松とともに、瞳を誘拐し帝東建設から6億要求、半分の3億を手にしたが、残りの3億円を圭太に盗まれてしまい躍起になって奪回しようとする

石川 菜七子 仲里依紗 六本木で美人局か?普段とは違う服装と化粧でケバケバに。3億円を盗んだ?
白河 瞳 山田杏奈 10年前に1人の女性が亡くなったのは自分の責任だと思っている。
伊達 翼 松村北斗 バーでピアノを弾く青年、翼は10年前に亡くなった女性の遺族だった。母親が火事で亡くなった日、男が訪ねてきていたのを覚えていた。新犯人を捜している。
宇都宮 竜二 渡部篤郎 圭太と組もうとするが、圭太が断る。10年前火事でなくなった女性の恋人か?
二本松 健一 遠藤雄弥 瞳を誘拐した実行犯。母親が父親を刺殺した。その時の弁護士が由貴子だった。いまは由貴子と行動を共にしている。
長沼 豊

佐野史郎

帝東建設の社長。宇都宮を切ろうとしている。

 

前回第5話のネタバレ記事です。見逃した方がいらっしゃいましたら是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

10の秘密・第6話あらすじ

翼(本名・信一郎)は、母親を殺したのは圭太だとして、殺そうとするが、圭太が必死に説得し殺されるのは免れた。圭太は翼に一緒に犯人を探そうと伝えた。もし殺されたのであれば、瞳が悩む必要はなくなる。だから話してほしいと圭太に伝える。

翼と圭太は10年前母親を殺した真犯人を一緒に探すことに!

母親はピアニストだった。銀座のスナックで弾いていた。ある日、別荘に行った。男が訪ねてきた。そして喧嘩していた。

外で遊んでいたらサイレンが聞こえてきて戻ろうとしたけど炎と消防車で近寄れなかった。母は捻挫していて1階で暮らしていた。2階から転落するなんてありえなかった。自分で探すしかなかった。あの日母親を訪ねてきた男を。

そして圭太は伝える。火事の前、俺は家族と一緒にいた。お前の母親は知らなかった。あの火事で俺らの家族も壊れた。

君のお母さんを殺したかもしれない男を一緒にさがそう。10年前いったい何があったかを!

竜二が圭太の家にきて手を組まないか?

瞳のところに母親がくる。喜んでいる。瞳。

竜二が圭太の家にくる。一つ提案がある。

「私と手をくみませんか?あの偽装建築の件で、あなたの手で告発してほしい。矢吹の弁護士がいろいろ知る前に、すべては社長指示だったと告発してほしい。もし告発してくれたら由紀子の情報を共有してもよい。由紀子の隠れ家とか。お金を渡すときにGPSをつけた。毎日同じところに通っている。そこで二本松に会っている。」

しかし圭太は、竜二に手は組まないとはっきり伝える。

由貴子は瞳をつかって3億を見つけようとする

由貴子が瞳の学校前でまっていた。瞳に声かけお茶しようと伝える。

由貴子は瞳にある依頼をしていた。それは瞳が家にもどり、台所の床下をあけさせよとしていた。しかし中は空っぽ。圭太はその場にいる。「おかあさんに頼まれたのか?」

10年前の火事に帝東建設と竜二が関係しているか?

別荘を調べていたら帝東建設の名前が。。。あの土地になにあるのか疑った圭太は、翼にきいたが、見覚えがなかった。

自殺した矢吹の弁護士から質問状がきた。そこには詳細なことが書かれいて、情報を流している人がいる。竜二は、仙台由貴子かもしれない。遺族に会って誠意を伝えてくる。と長沼社長に伝える。

スポンサーリンク

菜七子にすべて話す圭太・3億円の場所に連れていく

覚悟決めてきた、菜七子。

「返せなんていわない。瞳を誘拐した人に返せとは言わない。ちゃんと話してほしい。全部。」圭太は菜七子にすべてを話す。そして3億円を置いてある場所に連れて行く。その場所は、工事現場で土地の買い手がきまって来月取り壊すことになっている」と伝える。

由貴子は瞳に母親になれなかったと伝える

インスタをやっている瞳の写真をみて、場所を突き止めた。

圭太は、瞳に「お前を誘拐したのはお母さんなんだ」

すごい冷たい顔の由貴子。そしてはっきり、「大嫌い、お母さんと呼ばれるの、私は、母性がない。あなたは私がだっこした途端すぐに泣きだすの。もううんざりしちゃった。弁護士として働いたほうが楽しかった。あなたたちと別れて楽になった。全然役に立たない。だからもうあなたにもう用はない。」

瞳は泣きながら「安心して、もう、お母さんと二度と呼ばないから。私のお金はなんとしても返してもらう。」

由貴子と一緒にあとを出るのは瞳を誘拐した二本松だった。

二本松「なんであそこまで話したんだ?誘拐の理由とか。」

由貴子は、「昔、私も母親に期待していた。大好きだよって言ってくれるのを。無駄な期待を持ち続けたらかわいそうだと思った。世の中には母親になれない女もいるってことを忘れてはいけない。

3億円のお金が消えた・・・・

圭太が隠し場所にいくとお金が消えたていた。

 

Marple
Marple

わたしは菜七子だと思うわ、3億奪ったの。だけど竜二も気になる。2人が手を組んでいるかも!

 

10の秘密6話・感想

由貴子の冷血漢漂う顔が怖かったですね。子供にあそこまで拒絶していることを伝えるなんて。さすがに瞳に同情しました。由紀子の本性だったのでしょうか。

また3億円が盗まれてしまいます。おそらく菜七子だと思うのですが、もしかすると竜二と組んだ?「菜七子と竜二」

翼の母親を殺したのは宇都宮?そうすると翼の父親も宇都宮の可能性が高いですよね。

今回は菜七子はあまり出番がありませんでした。またケバケバの菜七子がみたいです。

待ってます!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました